ほくろ除去は何科に行けばいいのでしょうか?

ほくろについて

1 皮膚科

  • 皮膚科は皮膚の専門家なので比較的安心して受けられる。
  • 保険適用がされるので費用が抑えられる。
  • ほくろが皮膚ガンかどうかもしっかりと見極めることができる。
  • 再発を防ぐように徹底的なほくろ除去を目的としているため、術後の傷跡については美容皮膚科ほど留意しない可能性がある。
  • 切除になることが多く、除去後の傷痕が目立ったり、やダウンタイムが想像以上に長くなることがある。

 

2 形成外科

  • 皮膚の奇形と呼ばれる「母斑」や毛細血管が増え、皮膚に現れている「血管腫」、良性の腫瘍などにも効果が期待できる。
  • ほくろ除去後にできた傷跡の修正を受け入れている病院も多いため、傷跡の修正目的でも利用できる場合がある。
  • 保険適用になった場合、費用が抑えやすい。
  • 医師の判断によっては比較的高額な費用がかかる場合がある。

 

3 美容皮膚科

  • ほとんどの場合が美容目的の治療になるため、保険適用がされないことが多く、費用が高額になりがちです。
  • メスを使わない治療になるため、ダウンタイムがない場合がほとんどで、手軽に治療を受けやすい。
  • 美容に関して意識の高い病院であるため、跡が残らないほくろ除去が期待できる。
  • 再発した場合保証してくれる病院がある

 

ほくろの除去を希望した場合、何科に行けば良いのかわからないこともあると思います。

傷痕が残ってしまったり、しっかりした医師の診察を受けることなく治療を勧められたりと、ネットの口コミや料金だけでは分からないことも多いのです。

後で後悔することのないよう、病院選びは慎重に行いましょう。

コメント