2017-02

ほくろについて

ホクロが取れてしまった場合にはどうすればよい?

知らない間に引っ掻いてホクロが取れてしまったり、ヒゲを剃っていたらホクロまで一緒に取れてしまい、しばらくするとまた同じ場所にホクロが出てきたという経験をしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 表皮から数ミリくらい
ほくろについて

ほくろの色が濃くなってしまう原因とは?

ほくろは色素性母斑などと呼ばれていますが、これは母斑細胞というメラニン色素を持っている細胞が増殖して集まることでできます。日常生活の中ですぐに変化することはありませんが、徐々に色が濃くなってきたなと感じることがあります。 色が濃いと、メラ
ほくろについて

日本人の皮膚がんで最も多い、基底細胞がんはどういったもの?

基底細胞癌とは、皮膚の表面を覆う表皮や毛包を構成する細胞から発生する皮膚がんの一種です。 日本人の皮膚がんの中で、基底細胞癌が最も多いです。発症は40歳以上が多く、60歳代が全体の約25%、70歳代が全体の約45%を占めています。
ほくろについて

皮膚がんの一種、メラノーマとは?

メラノーマとは、悪性黒色腫とも呼ばれる皮膚がんの一種です。皮膚の色素(メラニン)を作る細胞(メラノサイト)やほくろの細胞(母斑細胞)ががん化したもので、足の裏や手のひら、爪、顔、胸、腹、背中などさまざまな部位にできます。また、眼球、鼻や口の
ほくろについて

ほくろの大きさによって治療法が変わる?!?!

ほくろの除去手術を行う場合、ある程度の大きさまではレーザーでも対処できます。 しかし、一定以上の大きさになってしまうとレーザーでは対処しきれなくなってしまい、その場合は、切除施術に移行することになります。 5ミリくらいがレー
ほくろについて

ホクロを小さくしたい!

ホクロを完全に除去するのではなく、小さくしたいと考える人もいるかと思います。 除去ではなく、小さくしたい理由のほとんどが、周囲に知られたくないとのことです。 しかしホクロを取った後は、小さなテープを貼る必要があり、周囲に隠すこと
ほくろについて

青いホクロ?アザ?青色母斑とは

青色母斑とは、通常のほくろよりも青みが強いほくろまたはあざ、いわゆる青あざのことを言います。ほとんどは1cm以下の小さいものです。しかし、稀に大きくなる場合もあります。皮膚の表面から少し盛り上がっているのが特徴です。 青色母斑は通常悪性化す
ほくろについて

ほくろ除去するのに適した時期

秋から冬頃 ほくろ除去をした後、気をつけなければいけないのが日焼けです。ほくろ除去した部分は、真皮が剥きだしの状態になるので、刺激に弱く、紫外線の影響を受けやすいのです。 日本の気候で、紫外線が高いのは春から夏にかけて。寒くなるにつ