ほくろの色が濃くなってしまう原因とは?

ほくろについて

ほくろは色素性母斑などと呼ばれていますが、これは母斑細胞というメラニン色素を持っている細胞が増殖して集まることでできます。日常生活の中ですぐに変化することはありませんが、徐々に色が濃くなってきたなと感じることがあります。
色が濃いと、メラノーマという悪性腫瘍の可能性があるため、それが気になって怖いと感じている人は少なくありません。したがって、大きくなったり濃くなるということに対して敏感になっている人もたくさんいます。

 

しかし年齢と共に大きくなったり、濃くなると言うことは珍しいことではありません。なぜこのように大きさが変わったり、色が濃くなったりするのか・・・。

 

まず原因として多いのは紫外線です。紫外線を浴びることによりメラニン色素が増え、メラニンが形成されるようになっていきます。すなわち紫外線を浴びる機会が多くなればなるほど、ほくろが大きくなったり色が濃くなったりする可能性が高くなります。

これを防ぐためにはしっかりと紫外線対策をすることが必要となります。また、ほくろを常に触るクセがある場合も、色が濃くなったりする可能性が高くなります。触ることでメラニン色素の生成を促し、濃くなったり大きくなったりします。
それ以外には、メイクやスキンケアの際に、肌を刺激しているというような人も注意が必要です。
紫外線を浴びていなくても肌は強い刺激によってメラノサイトがメラニンをたくさん生成していきます。その結果、メラニン色素が集中的にできて同時にほくろもできやすくなってしまいます。メイクやスキンケアをする時にはできるだけ優しく触れるようにしましょう。

コメント