ほくろ除去するのに適した時期

ほくろについて

秋から冬頃

ほくろ除去をした後、気をつけなければいけないのが日焼けです。ほくろ除去した部分は、真皮が剥きだしの状態になるので、刺激に弱く、紫外線の影響を受けやすいのです。

日本の気候で、紫外線が高いのは春から夏にかけて。寒くなるにつれて、紫外線量は減っていきます。秋口にほくろ除去をすれば日焼けするリスクが低く、再発を防ぎやすくなりますね。

病院によっては最低1ヵ月は保護テープを貼っておいてください。と指示されるかもしれません。保護テープは肌色をしていて、それほど目立つものではありませんが、マスクをしていればある程度隠せますし、寒い時期なら常にマスクをしてもおかしくないので、いつ受けようか迷っていらっしゃるのなら、秋から冬が良いと思います。

 

新生活が始まる前に

新生活はテープなしで過ごしたいと考えている場合、学校を卒業する数か月前に、ほくろ除去を受けることをオススメします。

 

連休前に

社会人で長期休暇がなかなかない方は、仕事休みの前日に有給を使うなどして、連休を作ってみてはいかがでしょうか。祝日の続く連休前は患者が増えますので、クリニックへの予約は早めに行ってくださいね。

 

お金に余裕がある時

ほくろの数や大きさによりますが、1万円~5万円程度は用意した方がいいので、お給料前は厳しいかもしれません。予算がないのに無理をしてほくろ除去をすると、心にゆとりが持てません。術後経過を診てもらいに、再度クリニックへ足を運びます。交通費がかかる?診察代もかかる?わずかな出費ですが、負担になるのではないでしょうか。

コメント