ほくろは保険or美容どちらで取ったほうが良い?そのメリットやデメリットについて

ほくろについて

ほくろを取るときに最も気になるのは費用ですよね。一般的には保険で取ったほうが安く済むため、形成外科などを受診する方が多いようです。

保険適応の場合、費用全額の3割負担で済みます。

 

美容皮膚科の施術方法によっては、ほくろ除去は自由診療になります。自由診療になると全額自己負担です。ほくろの状態によってはかなり高額なほくろ除去施術になってしまうと思われがちです。

保険適用するかどうかは、ほくろの状態を見た上で、医師の判断や病院の基準に沿います。また、美容目的のほくろ除去は健康保険の適用外です

 

メリット

保険:費用が安く済む事が多い

行きやすい

美容:ほくろを取ることだけでなく傷跡にも留意してくれる

保証がつくことがある

 

デメリット

保険:切開など傷跡になる可能性のある手術になる可能性が高い

再発や取りきれなかった場合また費用がかかる

美容:保険に比べて費用がかかることが多い

一般の病院に比べて少し行きにくい

 

美容で取る場合、保証がつくクリニックがあります。ほくろの根が深い場合、1回での除去が難しいようです。もしほくろの根が深かったり再発してまた治療を受けたい場合、保険の場合は再度費用が発生します。保険適応で3割負担だとしても、回数がかかってしまうと結果的に美容で取るよりも高かったという声も。

美容の場合はいくつかのほくろをまとめて1回で取ることが可能で、更にまとめて取ると割引されることも。取った後のシールやダウンタイムを考えて休み前にまとめて取りたい方には嬉しいですよね。

 

美容皮膚科と聞くと構えてしまい行くのを躊躇してしまいがちですが、今は男性でもほくろ除去で訪れる方は多いようです。それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、後悔しないほくろ除去を受けることをおすすめします。

 

コメント