ほくろ除去のレーザー治療の失敗

ほくろ除去

除去の方法は様々ですが、ほくろはレーザーで除去するのが主流のようです。場所や大きさによってはコンプレックスになってしまうほくろも、レーザーで簡単に取れるならいいですよね。しかしレーザー治療での失敗例があるのも事実です。

1 陥没してしまった

メラニン量が多かったり根が深いホクロを一回で取ろうとすることによって陥没してしまうことがあるようです。レーザーの出力と技術によってはほくろをとるどころか陥没してしまうこともあるそうです。

2 ケロイドになった

他の方法に比べて傷跡が小さく済むレーザー治療ですが、特に胸や肩のほくろを取る際に出来ることがあるそうです。

 

3 赤みが長続きする

これは個人差があるようです。特にニキビの赤みが残りやすい方は、ほくろ除去後の赤みが長く残る、という意見もあります。

 

ほくろの除去は美容である前に医療行為です。

当然ですが医学的に不適切な治療はするべきではありません。ほくろ除去は簡単にレーザー治療できるとは言い切れません。実際にレーザー治療をしたけれど綺麗にほくろが除去できなかった、へこんでしまったという場合もあります。レーザー治療は、医師の知識や技術などによって大きく左右されるものです。

ほくろ除去をしたいけど不安を感じている人は、失敗しない為にも治療の前にきちんと施術方法の詳細を専門医から聞く事が大切です。

コメント