知っていますか?ほくろに関する知識

ほくろについて

ホクロってどういうものか気になりますよね。

ホクロとシミの違いや、ホクロとガンの見分け方などをご紹介いたします。

 

ホクロについて

知っていますか?ホクロとシミの違い
シミは表皮性のメラニン色素の沈着によるものです。皮膚が紫外線や物理的な刺激を受けると、表皮内の基底層にあるメラノサイトが活性化し、チロシナーゼという酸化酵素を活性させます。そのチロシナーゼはアミノ...
子供のホクロ
赤ちゃんは通常、生まれてすぐにはほくろはありません。ほくろが現れるのは生後1年程度経ってからと言われています。ほくろは医学的に「色素性母斑」と呼ばれるもので、良性の母斑細胞の集まりです。母斑細胞がメ...
ほくろが増える原因は?
ほくろは一種の腫瘍であり、皮膚にある良性の腫瘍です。メラノサイトという皮膚の一部に、色素をつくるメラニン色素を含む細胞によって生じるものです。通常は濃い色をしていて大きさは、小さい点程度から直径約...
知っていますか?ホクロとガンの見分け方
ほくろは、医学的には「良性腫瘍」に分類されます。つまり、存在していたとしても害はないもの、と見なされているのです。一方、良性腫瘍と対照的な関係にある「悪性腫瘍」と呼ばれるものもあります。悪性腫瘍と...
ホクロを増やしたくない!どうすればいいの?
ホクロができる原因のほとんどは、紫外線によるものと言われています。紫外線を浴びると、紫外線から肌を守るための色素細胞メラノサイトが活性化し、黒い色素の元であるメラニン色素を大量発生させ、ホクロがで...

 

ホクロの場所

足の裏のホクロ
ほくろは刺激し続けると悪性化のリスクが上がると言われているため、足の裏は絶えず地面に当たって刺激を受けている影響で悪性化しやすいと言われています。足の裏のすべてのほくろが悪性の可能性が高いというこ...
唇のホクロ
唇にほくろは意外とできやすいです。なぜかというと、ほくろができるのは紫外線による影響が大きいとされているからです。唇は顔の正面に位置していて、紫外線つまり日差しなどにとても当たりやすいですよね。ま...
頭のホクロ
ホクロは顔にできるものがほとんどですが、頭にできるケースも決して珍しくはありません。頭のてっぺん=頭頂部にほくろができた。もしくは生まれつきある。ブラッシングした時や美容師さんに指摘されて 気づくケ...
目のホクロ
白目の部分に茶色い斑点があると不安になりますよね。何かの病気かとも思ってしまうようなこの斑点ですが、実は東洋人に多く、結膜母斑と言われるものです。この結膜母斑は目頭側よりも輪郭側に出来ることが多い...
ほくろには意味がある?顔のほくろ占い
ほくろの鑑定で重視する点は3つあります。【位置】ほくろは場所によりそれぞれ意味が異なります。【色】濃いとポジティブ、薄いとネガティブな意味をあらわします。【大きさ】大きいほどほくろの意味あいが強いと...
ホクロを増やしたくない!どうすればいいの?
ホクロができる原因のほとんどは、紫外線によるものと言われています。紫外線を浴びると、紫外線から肌を守るための色素細胞メラノサイトが活性化し、黒い色素の元であるメラニン色素を大量発生させ、ホクロがで...

 

ほくろの除去について

知らないと危険!ほくろ除去クリームのリスク
ほくろが取りきれない施術の仕方が悪かった場合、ほくろが少し残る事あります。ベストな施術をしても、ほくろの根が深いと残る事がりります。 ほくろが取れた跡の赤みベストな状態で除去出来れば赤みは1ヶ月...
ほくろの除去治療
ほくろの切除方法には大きく分けて2種類あります。ひとつは紡錘形に皮膚を切除し、その後ナイロン糸で縫合する切除縫合法です。比較的大きなものを治療するときによい方法です。もうひとつはくりぬいてほくろの組...
ほくろ除去後の創部のケア
ほくろ除去は、その後のケアも重要。誤った術後ケアを続ければ、傷跡が残ってしまうおそれがあるため、正しいケア方法を実践しましょう。ほくろ除去後、注意事項の一例としては以下のようなものが挙げられます。 ...

 

ほくろと〇〇

ほくろが痛いのは危険?
ホクロが痛くなった経験はありませんか?元々痒みや痛みが全く無かったのに急に痛みを感じるようになったら一度病院を受診したほうがいいかもしれません。痛くなるホクロが考えられる病気は、1.メラノーマメラ...
かゆみのあるホクロは危険?
ホクロにかゆみが起こったらメラノーマの可能性があります。皮膚がんかもしれないのです。 メラノ-マの特徴はかゆみ以外に 短期間でき、さらに急に大きくなってきた 形がいびつだったり、 少しの刺激でも出...
毛が生えたホクロ
メラニン色素のメラノサイトが活性化すると色素性母斑細胞ができます。この色素性母斑細胞がほくろから毛が生える原因となります。元々ほくろはメラニン細胞が変化した母斑細胞の増殖によって発生しています。そ...
ホクロをメイクで隠す
コンシーラーと言えば、シミを隠すのに有効ですがそれだけではなく、薄くて小さいホクロなら問題なく隠すことが出来るのです。顔にファンデーションを塗った後に、いつものファンデーションよりも少しだけ暗い色...

 

 

コメント