足の裏のホクロ

ほくろについて

ほくろは刺激し続けると悪性化のリスクが上がると言われているため、足の裏は絶えず地面に当たって刺激を受けている影響で悪性化しやすいと言われています。
足の裏のすべてのほくろが悪性の可能性が高いということではありませんが、将来悪性化する可能性が少しあるという知識だけは持っておくと発見が遅れずに済むでしょう。
足の裏のほくろの大きさや厚み等に変化が見られる場合には念のため医療機関に相談しましょう。

ほくろには、良性のものと悪性のものがあります。悪性のほくろはメラノーマという皮膚がんの一種であり、治療が必要です。
足裏は、紫外線を浴びることがないため、ほくろができるとメラノーマでないかと疑れることがあります。しかし、実際にガンである確率は10人に1人程度ですので、足の裏のほくろの全てがガンというわけではありません。
悪性のほくろは、皮膚との境界が曖昧で、出血を伴ったり、急に大きくなったりする特徴があります。

コメント