ホクロ除去の痛みはどれくらい?

ほくろについて

通常ホクロ除去を行う前には、そのホクロの近くに局所麻酔を打ちます。

局所麻酔とは、意識を保った状態で痛みを感じる神経だけを一時的に麻痺させる麻酔です。

施術中はこの局所麻酔が効いているため、痛みは全くありません。

しかしホクロ除去の行程の中で、この局所麻酔を打つのが最も痛いと言われているそうです。

 

ホクロ除去の局所麻酔が痛い理由

ホクロ除去の局所麻酔が痛い理由のひとつとして、注射を打つ部分が顔である場合が多いということがあげられます。顔には知覚神経が密に集まっているため、痛みを過敏に感じやすいのです。

特に顔の中でも痛みが出やすいのは“鼻”です。

そもそも麻酔の痛みは、皮下の組織の中に入り込んでいく時に痛みが発生するため、 皮下自体に余裕がある部位に関してはそれほど痛みがありません。例えば、頬などは柔らかく皮膚がつまめますよね。一方で、ほとんどつまめない部位もあると思います。その代表格が鼻なのです。

鼻の麻酔は組織に余裕がないので、組織を裂きながら麻酔が入り込んでいくことになります。

そのため痛みが強く出てしまうのです。

鼻のホクロ除去を行う計画のある方は、前もってドクターなどに相談しておくと良いかもしれません。

 

痛みに弱い場合はどうすればよいのか?

麻酔を注射する前に、麻酔テープやクリームを使用する方法もあります。麻酔の痛みを和らげる効果が得られるので、痛みに弱い方はよく利用しています。

初めてのホクロ除去で不安がある方は上手に活用してみましょう。

一方で、注意しなければならないのが、麻酔テープやクリームに関しては保険適用外となることです。美容外科であれば、ホクロ除去も保険適用外となってしまい、費用がかさんでしまうため、事前にどのくらいの費用になるかを確かめてから行いましょう。

 

コメント