ホクロはどのようにしててできるのか?

ほくろについて

ホクロとは、メラニン色素を生成する細胞と言われているメラノサイトが何らかの原因によって大量にメラニン色素を生成してしまうことで、できると言われています。

メラノサイトは、母親のお腹の中にいるときに作られます。遺伝要因によって、既にホクロのできる場所は決まっているそうです。

 

ホクロが出来る原因として1番広く知られているのは紫外線です。
ただ誤解をしてはいけないのですが、紫外線を浴びるとホクロが出来るのではありません。紫外線から皮膚を守ろうとするために、メラニン色素が生成され、ホクロとして顕在化してくるといわれています。

 

日光を浴びることにより体の中でビタミンDを生成するので、日光を浴びることは人間の体にとって非常に重要なのです。ただし日光や紫外線を長時間浴び続けると、シミやホクロを作り出す原因となるため注意が必要です。しかし、これも個人差が大変多いようです。

 

ホクロとは、メラニン色素を生成する細胞と言われているメラノサイトが何らかの原因によって大量にメラニン色素を生成してしまうことで、できると言われています。

メラノサイトは、母親のお腹の中にいるときに作られます。遺伝要因によって、既にホクロのできる場所は決まっているそうです。

 

ホクロが出来る原因

ホクロが出来る原因として1番広く知られているのは紫外線です。
ただ誤解をしてはいけないのですが、紫外線を浴びるとホクロが出来るのではありません。紫外線から皮膚を守ろうとするために、メラニン色素が生成され、ホクロとして顕在化してくるといわれています。

 

日光を浴びることにより体の中でビタミンDを生成するので、日光を浴びることは人間の体にとって非常に重要なのです。ただし日光や紫外線を長時間浴び続けると、シミやホクロを作り出す原因となるため注意が必要です。しかし、これも個人差が大変多いようです。

コメント